クリエイティブディレクターの仕事は、様々な業界で活躍することが出来る仕事です。
例えばテレビのある製品のコマーシャルや新聞や雑誌の広告、様々なイベントなどで仕事を行います。
企業の名前を知ってもらうためのアピール活動や製品やあるサービスについて、消費者に向けて、様々な手段でアピールする仕事でもあります。

アピール方法には様々なものがあります。
毎日、何気なく見ているテレビのコマーシャルについても、もちろんクリエイティブディレクターの仕事ですし、雑誌や新聞広告についているお菓子の宣伝、企業のイメージ広告なども、もちろんクリエイティブディレクターの仕事です。
テレビや雑誌などのメディアを通して、なんとインパクトのあるお洒落な広告なのだろうと興味を持ったり、驚いたりすることはありませんか?
こうした驚きや感動を与えたり、商品や企業イメージに込められたメッセージが胸を打つなど、多くの人々に興味を持ってもらうことが出来れば、クリエイティブディレクターとして成功したも同然です。

まずクリエイティブディレクターの仕事をするためには、依頼主から仕事を依頼され、どう消費者に訴えれば認知され、興味を持ってもらえるのか、売り込み方法について、企画発案を行わなければなりません。
企画したものが依頼主に認められれば、そこから新たに仕事に発達していきます。
クリエイティブディレクターはデザイナーやCMプランナー、アートディレクターなどの専門スタッフにそれぞれ指示を出して制作物を完成させていかなければなりません。
仕事は常に締め切りに追われ、また各スタッフに指示を出さなければならないため、人間的にもリーダーとしてふさわしい人でなければ務まりません。
なによりもコミニケーション能力やリーダー力、時代を先取ることができるセンスなども必要とされます。

クリエイティブディレクターになるためには、特別な資格などは必要ありませんが、制作現場で様々な経験をし、幅広い知識が必要とされます。
美術や音楽、演劇などのアート面の知識の他にも、歴史や経済、政治などの知識も必要とされるので、自分を常に磨き続け、努力し続けていかなければなりません。
クリエイティブディレクターになる早道は、広告代理店などに就職し、現場で一からスタートし、スキルを磨いていく引く必要があります。
周囲に認められるようになれば、ようやく仕事を任せてもらえるようになり、クリエイティブディレクターとして経験や実績を積み重ねた後に、独立する人もいます。