クリエイティブディレクターに転職するためには、余程の実力が認められなければそう簡単に転職することは出来ません。
クリエイティブディレクターは、企画から制作のすべての責任を負い、それぞれの専門スタッフに指示をしながら仕事をしていかなければなりません。
そのためもともと制作の現場を経験してきた実力者でなければ、クリエイティブディレクターとしての仕事もうまく回すことが出来ません。
クリエイティブディレクターに転職するコツは、やはり過去に制作の仕事をどれだけやってきたか、その経験や実力を希自分が希望する転職先に示す必要があります。
たとえ運よく転職することが出来ても、現場で実力が認められなければ解雇されてしまう危険性もあるかもしれません。

またクリエイティブディレクターをいきなり募集する企業は非常に少なく、最初はデザイナーやコピーライターなどの専門職で入社し、現場で実力を付けながら地道になる方が、クリエイティブディレクターとして活躍するチャンスも多くなります。
まだ若くて経験が浅い方であれば、最初は自分がやりたい分野の企業に就職をし、下積みを積みながらクリエイティブディレクターを目指した方が近道である場合もあります。
いきなりクリエイティブディレクターとして転職したいのであれば、やはり実務経験があり、即戦力となる力が必要です。
以前にもクリエイティブディレクターとして仕事をしていた経験があれば、より転職しやすくなります。
また転職する際には、過去にどんな広告を手掛けてきたのかをアピールするとよいでしょう。

クリエイティブディレクターは特殊な仕事でもあります。
採用募集の数も少ないため、多くの求人者が集まってくるため、転職するにはかなりの倍率を潜り抜けていかなければなりません。
採用する企業側にとっては、優秀なクリエイティブディレクターを一人だけ採用したいという思いがあるので、最終面談に辿り着くだけでもかなりのハードルがあることでしょう。
転職に成功するためには、転職先をうまく探すことも大切なポイントとなります。
もともと募集が少ない専門性の高い職種であるため、職業安定所や求人雑誌にもあまり募集が出ていないこともあります。

そこでクリエイティブディレクターの仕事に強い転職エージェントを活用してみたり、過去の人脈に当たってみるのもよいでしょう。
広告業界内でキャリアがある人ほど、多くの人脈を持っています。
この人脈をうまく活用すれば、過去の自分の仕事ぶりなども相手に知れているため、求人広告にのっていない条件のよい就業先を見つけるチャンスもあるかもしれません。
転職に成功するコツは、こうしたチャンスも見逃さないことにあるかもしれません。

筆者がオススメするクリエイティブディレクター向けの求人サイト
クリエイティブディレクターのお仕事ならエキスパートスタッフ