グラフィックデザイナーの仕事とは簡単に一言で言うと、印刷物のデザインをする仕事です。
印刷物には様々な媒体があり、新聞や雑誌の広告、宣伝用のポスター、チラシや、お菓子などの製品のパッケージなどがあります。
印刷された制作物は市場に出回り、企業や商品、サービスの評価対象物となるため、デザイン性の優れたものや、メッセージ性のあるものなど、より優れたものが求められる傾向があります。
ネットが普及した現在では、印刷物のデザインをするグラフィックデザイナーの仕事自体が減少する傾向がありますが、その代わり印刷物を媒体とする仕事以外にも、WEB展開出来るグラフィックデザイナーが求められる時代になってきています。

グラフィックデザイナーの仕事の流れは、まず企業主や広告代理店などから仕事の依頼が来ます。
どんな制作物を作るのかを各専門スタッフとチームを組みながら、企画発案していきます。
企画発案したものをいくつか用意し、依頼主に決めてもらい、最終的には印刷物などとして製品化していくのが、グラフィックデザイナーの仕事です。
最終的なゴールに向けて、何度も修正したり、印刷チェックなどを行い作品として仕上げていきます。
現場でグラフィックデザイナーの実務経験を積み重ねていくことによってグラフィックデザイナーとしてのスキルを身につけていくことが出来ます。
チームでの作業を行ったり、依頼主との打ち合わせを何度も重ねていくうちに、相手の言いたいことをくみ取り理解する能力やコミュニケーション能力も自然に身につけていくことができるでしょう。

また仕事をするために身につけておきたいグラフィックデザイナーとしての知識や資格も求められる場合もあります。
印刷物のデザインを行い出版するためには、様々なソフトを使いこなしていく力が求められますので、ソフト関係の資格や色彩検定を持っていた方がよいでしょう。
就業先には、広告業界、印刷業界、代行業者などがあります。
こうしたところで経験と実力を積み重ねていけば、将来的に自分の会社を立ち上げ、独立していくのも夢ではありません。
フリーランスとして活躍の場を広げていくことも出来ますが、フリーとなった場合には、自分で仕事を勝ち取っていかなければなりません。
独立して活躍したいという方は、自分を売り込んでいくことができる営業能力も必要とされます。
その代わり実力で評価される職種なので、やりがいのある仕事でもあります。