Illustratorは看板業界でも必要なソフトでもあります。
看板製作会社もIT化が進んでいるため、顧客からIllustratorで制作された入稿データーをもらい、看板製作を行うことが出来ます。
データーの入稿方法として、CDやUSBなどに入れて郵送で送ったり、メールでデーターを送るなどの方法がありますので、その元のデーターを元に、看板製作を行うことが出来るのです。

昔は看板と言えば職人さんが文字や絵を描いて制作するものでした。
しかし現在の看板は昔に比べるとかなり精密度が増しています。
風景や女性タレント、売り出したい商品の写真などが入った看板を見かける機会が多くなってきました。
こうした看板の多くがIllustratorというソフトを使い、看板デザインを行い、大判印刷が可能なプリンターから印刷するという仕組みで、精密な看板を仕上げることが出来るのです。
また平面的な看板だけではなく、最近ではラッピングカーやラッピングバス、ラッピング電車などを見かける機会も増えてきました。
こうしたラッピングもすべて看板製作会社によって制作されたものなのです。
動く看板でもあるラッピングされたバスや電車、車などの乗り物は、多くの人々の目に触れる機会があるため、インパクトがありますし、宣伝効果も無論あります。
こうしたラッピングに関しても、Illustratorソフトが使われているのです。
Illustratorから出力した特殊なシートを車やバス、電車などに丁寧に貼り合わせていきます。凹凸がある部分や立体的な丸みがある部分にはヒートガンを使いながら、綺麗に貼り合わせていくのです。

Illustratorの利点は、画像が劣化しないということです。
大きくしたり、小さくしたり、画像を変形させたりと自分の思うままに画像を変えていくことが出来ます。
最高の解像度で出力することができるので、品質のよい看板を仕上げていくことが出来るのです。

看板業界では、Illustratorソフトを使いこなすことが出来る人材を求めています。
Illustratorは看板業界でよく使われる用語でもあります。
看板業界での仕事内容は、依頼主との打ち合わせ、プレゼンテーションをしっかりと行い、データーを作成していかなければいけません。
データーなどに誤りがないかをしっかりと確認してから、いよいよ出力を行います。
忠実にデジタルプリント出来たかを確認し、看板に貼りつければ出来上がりです。