Photoshopクリエイター能力認定試験とは、専用ソフトを使用して、デジタルコンテンツを作成したり、画像を編集したりするなどして、ソフトを操作する能力やPhotoshopクリエイターとしての知識はどのくらいあるのかを試験で試すものです。
合格率は約6割なので、しっかりとソフトの内容や知識を身につければ、比較的合格しやすい認定試験でもあります。
この試験に合格することが出来れば、WEB制作会社やデザイン業界、印刷業界などい就職しやすくなります。

Photoshopクリエイター能力認定試験には二種類があります。
エキスパートと呼ばれるものと、スタンダードと呼ばれるものです。
エキスパートの方は、実技や知識問題が65%出来ており、さらに実践が7割正解していれば合格できます。
スタンダードの方は、実技が6割5分実践問題が7割あれば合格することが出来ます。

Photoshopクリエイター能力認定試験は、2級以上あれば、就職に有利になります。
たとえ実務経験がなくても、2級以上持っていることによって、Photoshopを自由に使いこなせることの証明にもなるので、資格を取るのであれば、是非2級以上を目指しておきましょう。
将来的には、制作会社などで就職をし、web画像処理やデジタル画像処理、色調の補正などの仕事を任せてもらえるようになります。
Photoshopクリエイター能力認定試験の他にも、類似する資格としてホームページ制作能力認定の資格やWEBクリエイター能力認定の資格がありますので、勉強範囲も重なる部分があるので、同時に資格取得を目指しておくと、将来就職する際に、自分の能力を現わす武器となることでしょう。
また資格を取得するための勉強時間は、スタンダードの場合だとおよそ20時間、エキスパートの場合だと18時間ほどの学習で取得することができます。
ソフトを自分で持っているのであれば、参考書を見ながら自分で独学するのもよいし、ソフトを持っていない場合であれば、資格取得のためのスクールで勉強をするのもよいでしょう。
スクールでは、実際にパソコン操作をしながら、解らないことがあれば、すぐに講師に聞ける環境であるため、試験範囲を効率的にマスターしていくことが可能になるでしょう。
こうしたスクールで資格を取っておくと、パソコンスクールの講師になれるチャンスもあるかもしれません。
講師を採用するスクール側でも、自分達の教室での卒業生を講師として採用するパターンが多いため、将来、講師になりたいという方も、是非複数の資格取得を目指すとよいでしょう。