イラストや画像に関わる業界の人達がさまざまな知識を駆使して利用しているのが、Photoshopやillustratorなどの専用ソフトです。
近年希望する職種に関連する資格をとる事で他の就職・転職希望者の差別化を計る人が増えています。
そのデザイン系の資格の中でも、このサイトはPhotoshopクリエイター能力認定試験についてのサイトとなっています。
これからの将来にPhotoshopクリエイター能力認定試験に合格することで、企業側へどんなアピールをすることができるのでしょうか。
このPhotoshopクリエイター能力認定試験とは、画像の処理や編集加工の知識を試験として数値化することができる近年出来たばかりの新しいビジネス能力検定試験です。
自分では使いこなしているつもりのPhotoshopも、実は多くの機能を使いこなせていない場合があるのを再確認することができるかも知れませんよ。
特に趣味からPhotoshopを使い始めて仕事にも活かしたいと考える人にはレベルチェックとしてもこの試験を受験してみてはどうでしょうか。
盲点や不足していた知識を再認識し、今後の実践に活かすことができるようになるかも知れません。

この試験自体はレベルごとに2種類に分かれていて、1つは『スタンダード』というPhotoshopの基礎的な知識や円滑に作業を行うかなどのいわば画像処理・加工に携わる業界に就くための登竜門的な試験です。
更に進んだ2つ目のレベルとして『エキスパート』というPhotoshopを使いこなすうえでの知識・実技・実践についての試験があります。
差別化をはかるのであれば、当然エキスパートの資格を取得することをおススメします。

このクリエイター能力認定試験にあたっての勉強方法とはどのようなものがあるのでしょうか。
今現在では新しく始まったばかりの試験ということもあり、虎の巻的な合格マニュアル本も少ないのは確かです。
直前対策であれば、各種Webデザイン学校でも行っているところが多く、試験対策用のホームページには過去問や模擬試験が数問掲載されていることがあるので、参考にしてみるのが良いでしょう。
また、初心に戻って使いこなせていないPhotoshop内のアプリケーションが無いかどうかの再チェックも有効的な勉強になると思います。