出版業界や印刷業界、広告業界などで活躍されている方に必要不可欠なソフトウェアがあります。
それはPhotoshopやFlashです。

Photoshopとは、写真などの画像を編集したり加工するためのソフトです。
写真の加工や編集をする以外にも、デザインを行ったり、WEBのためのデザイン制作を行うことも出来ます。
デジカメなどで撮影した写真を合成したり、写真のサイズを変更したり、色の調整なども行えます。
Photoshopと似たようなソフトにはIllustratorがありますが、画像の表現の現わし方が違うため、処理の仕方にも違いがあります。
Photoshopは点で現わすビットマップ画像で表現しており、Illustratorは点と線であらわすベクター画像で表現しています。
そのため、写真の編集を行うのであればPhotoshopの方を活用した方がよいし、イラストやロゴの作成をするのであれば、Illustratorを活用した方がより精密な作品を仕上げることが出来ます。
プロとして活躍したいのであれば、両方のソフトを使えた方がよいでしょう。
ちなみにPhotoshopを使う職業には、グラフィックデザイナーやフォトグラファー、ウェブデザイナーなどがあります。
Illustratorを使用する頻度が多い職業には、DTPデザイナー、イラストレーター、ロゴの制作者などです。

次にFlashですが、こちらのソフトはWEBのコンテンツを作るためのソフトです。
音や動画、アニメーションなどを組み合わせてコンテンツを作ることが出来ます。
より高度なサイトを構築させたいのであれば、Flashを使いこなすスキルが必要とされます。
例えばネットで様々なサイトを閲覧しているときに、このサイトは細部までこだわっていて凄い!と思うものに出会うことはありませんか?
マウスを動かしたら、素敵な音楽に合わせてアニメーションや写真映像が動き出すなど、閲覧者を驚かしてくれるような見事なサイトに出会うことは頻繁にあるのではないでしょうか?
こうした細部まで凝ったサイトに使用されているのが、Flashというソフトなのです。
企業のホームページを見ると、Flashを使用した見事な広告ページを目にすることが出来ます。
広告ページを制作しているのは、プロによるウェブデザイナーなのです。
ウェブデザイン関係の仕事をしたいという方はFlashを使いこなす力や、デザイン能力、センスなども求められています。

こういったスキルをもっている方は企業からすると、とてもニーズが高いです。
常に様々な求人案件が出ているので、一度目を通してみることをオススメします。

クリエイティブなスキルを生かした転職ならエキスパートスタッフ